美容室での新型コロナウィルス対策

<美容室での新型コロナウィルス対策>

当店(理・美容室てんぐ)では、普段からやっている公衆衛生管理を、より一層強化して、新型コロナウィルス対策をしっかりとっております。

もともと完全予約制なので、以前からも今も、他人のお客様同士を複数同時に施術は致しません。

一客一客のお客様を事前の御予約時間に施術させていただき、各お客様の施術前と施術後には、使っている道具(コーム・シザー・バリカン・トリマー・ダッカール等その他)、クロスなど全てを取り換え、椅子やテーブル、レジ台その他人々が触れる場所も80%以上の高濃度のエタノール消毒を随時しており、空間や本やセット面、美顔器、ドアノブなども、エタノール消毒液とクレベリンなどを併用して使い、こまめにウィルス除去しています。

勿論、技術者は医療用のサージカルマスクを着用しています。

入口待ち合いスペースにはウィルス除去と保湿一体型の空気清浄機を稼働させています。

各セット面の椅子には、体を冷やさない為に、電磁波カット機能つきで温度調節ができる天然石岩盤浴マットを常に敷いてあります。

天井からはダウンライトでマイナスイオンを放出するマイナスイオンライトを設置してあります。マイナスイオンが一定濃度に保たれた森の中に居るような清浄空間にしてありますので、気分がリラックスでき、ストレス緩和に役立ちます。(ストレスや疲れが免疫を下げてしまうので)

また、施術時に新型コロナウィルス対応の様々な情報や対策法、御自身の自己免疫力を健全に保つアドバイスなど、お客様に役立つ予防知識などを専門的に提供しております。

体調管理に役立つメディカルハーブサプリメントもカウンセリングの上、販売提供しております。(今回はユーザーの方々が早めに備蓄としてお求めになっております。)

現在、アメリカとフランスからのメディカルハーブと天然原料のハーブサプリメントが新型コロナウィルスが終息するまで、日本に輸入できなくなっております。両国とも製造元企業が国の外出禁止令などの方針により、企業の業務がストップしているからです。

できるだけ、当サロン(美容院のメディカルハーブサプリメントコーナー)に仕入れておきましたが、在庫が無くなり次第、暫く入荷待ちとなります。

今は、おとり置きができませんので、購入希望の方には、御予約の上、いらした順にお渡ししております。

Filed under: その他 — admin 8:52 AM

メディカルハーブ講習会開催

<伝承医学を学ぶ>

7/29(月)、当店(理・美容室てんぐ)2階のセミナールームにてメディカルハーブの講習会を開催致しました。

『ヨーロッパ諸国の医療現場で処方されているハーブの使い方』を学ぶハーブセミナーです。

当店では美容と健康の為に、自然界のメディカルハーブを使った自分でできる健康管理方法を実践的にお客様に定期的にお伝えしています。

何千年もの歴史がある薬用ハーブの伝承医学を学ぶ少人数制の勉強会ですから、健康管理に興味のある方にとってはとっても楽しい講習会なんですよ。

健康でないと美容にも影響が出ますから。

日本にメディカルハーブをもたらして下さった輸入元の、(有)ニードインターナショナルジャパン代表の杉山晴彦氏もお招き致しました。

ニードインターナショナルジャパンの杉山晴彦社長は、エクレクティック社正規日本代理店として長年、日本におけるメディカルハーブの普及に実績を積んできた方で、以前、製薬会社に在籍していた頃、海外出張も多く、海外の医療事情にもたいへん詳しい方です。

ヨーロッパ諸国では初期症状や軽度の疾患については、ドラックリスク(薬害または副作用)の少ないハーブメディスン(ハーブ生薬)が処方箋として医療機関で使用されます。

それで対応できない場合には、リスク覚悟で化学合成製剤(医科向け医薬品としての新薬)を使用するのが一般的です。

ハーブを原料としている製品であっても、その薬効効果は製品のクオリティ(質)によって同じではありません。

その為、ヨーロッパ(EU諸国)では、医療機関で保険の適応が受けられる医薬品扱いのハーブと、食品になるハーブサプリメントと、ハーブ薬の承認制度がはっきりしています。

メディカルハーブの最大の特徴は、

★その人の免疫や生理作用に働きかけ、もともと人に備わっている治癒力・恒常性(ホメオスタシス)を活性化さす事によって症状を直していく。

★副作用や薬害などのドラックリスクが少なく、体内システムのバランスを崩さない。

という点です。

今回は、自律神経のケア、偏頭痛のケア、生理痛について、薬品との併用の可・不可、疲労対策、食欲を抑える、などについても個人的な質疑応答で詳しくお伝えしました。

次回のメディカルハーブ講習会は、

令和1年 8月24日(土)になりました。

13:00~15:00  場所は当店にて。

少人数制なので申込先着順に定員6名とさせていただきます。

受講費は¥1,500- (お支払方法は事前に店頭にて。)

お申込み方法は、

8/20までに電話にて『ハーブセミナー受講希望』の旨、お申し入れ下さい。

申込先TEL:理・美容室てんぐ(ハーブショップてんぐ)

054-641-2210

日本の法律では、天然ハーブサプリメントは、優れた薬効を持っているものでも全て食品扱いです。(日本の食薬区分)

Filed under: その他 — admin 1:15 PM

新しい時代の美容室経営塾

《本当に人々に必要とされる美容院として生き残る為のコツ》を、
聞く耳を持つ経営者に・・・素直で謙虚でやる気のある美容室経営者にだけ業界仲間としてお伝えし、美容業界の誠意ある関係者の方々が共に共存共栄できるよう、これからの時代に適した美容室経営塾を起動します。勘違いしてほしくないのは、決して上から目線ではなく、あくまで同等の仲間として・・・です。

概要についてのブログ


「カウンセリングサロンてんぐ」のブログ

Filed under: その他 — admin 9:47 AM

眼に良いメディカルハーブ

日本に輸入が許可されたメディカルハーブは安全性が確認できている自然食品の分類になります。「ハーブショップてんぐ」ではメディカルハーブの使い方のカウンセリングをしていまして、様々な症状の御相談に対して、伝承医学として古くから人類に功を奏してきた薬用ハーブの適正な使い方の説明をしています。

今回は、眼に良い薬用ハーブをご紹介。

★アイブライト

先ず、緑内障の進行を抑制する薬用ハーブとして、アイブライト(薬用コゴメグサ)というメディカルハーブが有名です。

古来よりアイブライトは緑内障の治療薬として使われてきた歴史が有り、アイブライトが緑内障に有効であることは現在、学会でも認められています。

緑内障は放置すると進行して視野が狭くなり、失明に向かっていってしまい、少しでも進行を抑制しなければならないのですが、アイブライトは、緑内障の進行を遅らせるのみならず、ストップさせることが知られており、世界的にチンキ剤が内服として使用されています。

また花粉症の眼のかゆみや充血を短時間で改善させるのもよく知られています。

アイブライトは、眼圧の調整作用・眼の充血・花粉症などのアレルギー性充血・ドライアイの改善・視神経の安定作用・結膜炎・眼瞼炎など、眼の諸症状にギリシャ時代から使用されてきたハーブです。

歴史的に様々な目の疾患の治療薬として使われてきたアイブライトは、白く輝く白目と澄んだ瞳をキープするハーブとして美容にも良く、アイブライト=‘輝く目’と呼ばれています。

判明しているアイブライトの薬理作用は、眼圧の安定機能・毛管の強化作用・視神経の安定作用・肝臓機能の活性化など。

★ビルベリー

明暗順応の調整に効果を発揮します。

第二次世界大戦中に、アメリカ空軍やイギリス空軍が夜間爆撃戦をする際、アメリカ空軍は的を外しがちだったのに、イギリス空軍は的を外さず、ことごとく攻撃対象に命中させました。

この違いは何故か?と注目された時に、イギリス空軍のパイロットがビルベリーのジャムを食べておくと視界が良いと証言したことから、視覚領域での科学的研究が、イタリア・フランスを中心に進められ、研究されたところ、ビルベリーを食するとロドプシンの再合成速度が速まり、視野がはっきりすることが明らかになりました。

以後、「眼に良いハーブ」として世界中に知られるようになり、現代ではコンピューター・ユーザーにも人気です。

(急に視力が良くなるわけではありません。明暗順応に対して強くなり視野が良くなるということです。)

最近、眼が疲れたな・・・眼がショボショボする・・・眼精疲労かな?・・・パソコンやスマホの見過ぎで眼が痛い・・・花粉症で眼が充血するわ、痒いわでしんどい・・・と思う方も、アイブライトやビルベリーのチンキ剤をどんどん使ってみると良いです。

眼が落ち着きます。




Filed under: その他 — admin 3:50 PM

「むくみ」を解消するハーブ

「むくみ」の原因としては、循環器系の不調の原因である肝臓・腎臓の機能低下、リンパの流れの滞り、腸からの排泄不良、血行不良やそれらによっておこる静脈瘤、または膠原病の前兆、甲状腺の異常、更年期障害、薬の副作用、その他などいろいろな事が考えられますが、伝承医学として「むくみ」の解消に役立つ古くから使われている自然界のメディカルハーブが幾つか有ります。

上記との原因の関連によって、どれが一番その人にとって当てはまるか?は使ってみればわかります。

※天然食品なので、その植物にアレルギーの有る方以外、(セントジョンズワートに関してだけは、セントジョンズワートと併用できない科学薬品を服用している方以外は)たとえハズれても問題は無いので。

「むくみ」の解消に役立つ古くから使われている自然界の薬用ハーブは、

★シベリアンジンセン(エゾウコギ)

★ミルクシッスルエキストラ=シリマリン(マリアアザミ)

★ダンデライオン(西洋タンポポ)

★セントジョンズワート(西洋オトギリソウ)

★ロディオラロゼア(イワベンケイ)

★バードック(ごぼう)

など。

近年、最新のバイオテクノロジーを使ってカプセルサプリメントに製品化されたフランスのプロニュートリ社製アクティバ・シリーズでは

★サーキュレーション(クロフサスグリ・オリーブ・ヨーロッパぶどう・ビルベリー・他)

★デトックス(ヒバマタ・昆布類・紅藻・他)

などです。

「ハーブショップてんぐ」では、重症な疾病が原因で無い「むくみ」の改善には、シベリアンジンセンとサーキュレーションの併用をお勧めしています。

私もリンパマッサージなどに行っている時間が無いので、予防と根本的解決の為によく使っています。立ち仕事なので、最近、足がむくんで痛い時があり、肝臓も弱い家系なので、シベリアンジンセンと、ミルクシッスルエキストラ=シリマリン(マリアアザミ)、サーキュレーションを飲んでいます。

私の場合、数時間後には直っています。とっても便利。

肝臓と腎臓は循環器系の健全さを保つ為の大事な臓器です。

肝臓と腎臓は、お互いに密接に協調して働いています。

エドガー・ケイシーのリーディングでも、「肝臓と腎臓は、一つの臓器であるかのように、肝循環を形成しています。全身の血液は肝臓を二回通過しますが、心臓は一回しか通過しないのです。」(リーディングNo.1140-2)とあります。

また、同じくエドガー・ケイシーのリーディングでは、腸からの排泄不良が原因の場合、マリン茶やセンナ茶スイカの種茶なども勧められています。

メディカルハーブで腸からの排泄不良を改善する場合、バードックやダンデライオンです。

アクティバシリーズではデトックス(製品名)です。

シベリアンジンセン、ダンデライオン、ミルクシッスルなどのメディカルハーブはこの2つの大事な臓器を日頃から守ってくれます。

メディカルハーブのサプリメントを飲むときは、北アメリカのエクレクティック・インスティテュート・インコーポレーションのハーブサプリメントを当店はお勧めしております。

なぜなら薬効成分の含有量からして高品質で、長年にわたりユーザーから好結果が多くでているからです。

日本では正規輸入元のニードインターナショナルジャパンから当店は直に仕入れています。似たようなサプリメントは他にもありますが、純正エクレクティック社製と保証された高品質の目印は「FOR JAPAN」のブルーのシールがボトルについている製品です。

私も日々使っていまして大変助かっています。

御来店下さった方々には様々な御相談に応じてカウンセリングさせて頂き、高品質のメディカルハーブをその方に合わせてお渡ししています。

伝承医学に基づく安全なハーブサプリメントに興味のある方はご利用してみて下さい。

Filed under: その他 — admin 3:41 PM

ハーブとの関わり

ハーブとの関わり

植物の持つ天然の薬効成分をフィトケミカルと言います。

植物の薬効成分は、まだ現代西洋医学の新薬が人工的につくり出される前、何千年も前から人々を治し、癒してきました。

その薬用ハーブを、当サロンでも様々な症状の改善、初期治療、予防、体調の健康維持として、カウンセリングしながら皆様に使ってもらっています。

そのように植物を使って人々を癒すフィトセラピストは昔から存在しました。

12世紀の修道院の聖ヒルデガルトは、薬草学の天啓を受けて、このハーブはこういう病気の症状に効きますよ、という事を書物に残し、後世、聖女として認められました。修道院でハーブの薬草学が発達していたわけです。

しかし、中世では時の権力者によりハーブを扱う人は、魔女と決めつけられました。せっかく人々を癒し治していたのに。
魔女はよくホウキにのってますが、あのホウキ扱いされているものは・・・あれは掃除をするものではなくてドライハーブの枝の束、ハーブなんですよね。
いつも持ってるからって別にそれで飛ぼうと思ってなかったと思いますよ。
植物が人々を治癒に導いてきた歴史は永く深いです。
興味のある方は、ハーブの薬効を日常生活に活用していく勉強会にきて下さい。

Filed under: その他 — admin 10:16 AM

咳に良いハーブ

咳にはヒソップとリコリスのハーブが良いのですが、先日から、咳が止まらずメディカルハーブのヒソップとリコリスを交互に飲んでなんとかやり過ごしました。

咳で困っている時、私はハーブサプリメントのチンキ剤のヒソップとリコリスを飲んでいます。(普通の風邪の時はエキナセアや西洋カラマツのラリックスを併用します。)

リコリスは甘草です。甘いシロップなので飲みやすいです。

ヒソップはシソ科の甘い香りを放つハーブで、そのお花はミツバチや蝶のお気に入りです。香水やポプリ、ハーブ枕にも用いられてきました。中世では修道院の庭に植えられ17世紀にはイギリスの庭に観賞用の花として好んで植えられるようになりました。

神がモーゼに用意するよう命じた“清めの水”にもヒソップが使われていたとの事。

聖なる場所を清めるのに使われ、“聖なるハーブ”といわれたヒソップは、古代から感染症を予防し、免疫力を高める優れた治療薬として使われてきました。

神聖なハーブとされたヒソップは、清めの儀式に使われる香の原料でもあったようです。

また、風邪・インフルエンザ・咳・カタル症状・気管支炎・喘息・蓄膿症・胸膜炎の際に優れた鬱血除去剤、去痰薬として、子供にも有用なので古くから使われてきました。

フラワーエッセンスとしてのヒソップの作用は感情や精神の浄化に用いられます。両親の不和を自分のせいだと思っている子供や、子供のしつけが思うようにいかず、罪の意識を感じている親には特に有用です。

Filed under: その他 — admin 7:22 AM

ストレス・自律神経由来の症状をハーブでサポート

【ストレス・自律神経由来の症状の症状】

目・・・疲れ目、涙目、目の渇き

口・・・口の渇き、口中の痛み、味覚異常

筋肉・関節・・・肩こり、筋肉の痛み、関節の痛み

手足・・・しびれ、痛み、冷え

皮膚・・・多汗、汗が出ない、冷や汗、皮膚の乾燥、皮膚のかゆみ

泌尿器・・・頻尿、尿が出にくい、残尿感

頭・・・頭痛、頭が重い

耳・・・耳の閉塞感、耳なり

心臓 血管・・・動悸、胸部圧迫感、立ちくらみ、血圧変動

呼吸器・・・息苦しさ、酸欠感、息切れ

消化器・・・食堂のつかえ、異物感、吐き気、腹部膨張観、便秘、下痢

全身症状・・・倦怠感、疲れやすい、めまい、微熱、ふらふらする、ほてり、食欲不振、睡眠障害(不眠)、すぐに目が覚める(中途覚醒)、起きるのがつらい

精神症状・・・不安症、恐怖心に襲われる、イライラする、落ち込む、怒りっぽくなる、集中力が出ない、やる気が出ない、記憶力や注意力の低下

上記以外にも頭皮がかゆい、歯が浮くなど人によっては、様々な自覚症状があるようです。身体の調子が悪い時、その様々な症状を個別に治そうとするより、それがストレスや自律神経由来の場合、ハーブを、統合的な予防または緩和に使う方法があります。

ストレス・自律神経の為のハーブは

★シベリアンジンセン(抗ストレス・腎機能促進・滋養強壮)

★ロディオラロゼア(甲状腺機能障害の改善・抗ストレス・腎機能促進・滋養強壮)

★セントジョンズワート(自律神経の機能調整・内分泌障害の改善・自律神経由来の諸症状の全体的な改善))

これらは植物薬の常備薬としてもお勧めです。薬効はあっても食品なので安全ですが、セントジョンズワートは医科向け医薬品との併用ができない場合もあります。新薬をお使いの方は薬剤師に聞けば、処方されて飲んでいる医師から処方された化学薬品と併用して良いか悪いか解ります。

カウンセリングサロンてんぐ・ブログ → https://ameblo.jp/tengunisoudan/

メディカルハーブ

 

 

 

 

Filed under: その他 — admin 12:34 PM

進化したハーブサプリメント“activa/アクティバ”販売

ハーブショップてんぐ[メディカルハーブ.jp]では、フランスから進化したハーブサプリメント“activa/アクティバ”を店頭販売&通信販売しています!

アクティバ正規販売店として稼働開始以来、好結果が出ているお客様が多数!

アクティバ(activa)は伝承医学で古くから使われてきた安全で人体のメンテナンスに役立つハーブと最先端の細胞学から導きだされた生命科学を融合し、最新のバイオテクノロジーを駆使して創り上げられたハーブサプリメント。

最新のバイオテクノロジー:オリゴ元素理論に基づき開発された不調な箇所を補うハーブサプリメントです。体調に合わせて製品をお選び下さい。

目的別に

●コレステロールの為に●循環器系の為に●解毒の為に●消化器系の為に●泌尿器系の為に●胃の為に●毛髪の為に●免疫の為に●関節の為に●喉と気道の為に●眠りの為に●スリムに向けて●天然のビタミンC●お肌の為に

●腸内環境の為に●滋養強壮に●脳機能と皮膚の老化予防の為に●脂肪と皮膚の代謝のサポートの為に

などそれぞれ種類が有ります。

製品ごとに原材料の持つポリフェノール、ハーブの含有元素、その他のミネラル素材が、身体本来の機能を目覚めさせます。

価格も約2~3千円代とリーズナブル!

天然の食品素材で体調管理をしたい方にはお勧めの逸品です!

アクティバのメーカーであるLaboratoires Activa社は、1993年にDr.パトリック・ヴェレにより設立されたフランス細胞情報のエキスパート企業です。
ここで創られる製品は、オリゴ元素理論(ミネラルによる生体反応)に基づく細胞情報の制御によって不調な箇所を改善する力を引き出すサプリメントです。

ハーブサプリメント

Attention
※上記の Laboratoires activa 製品は、ハーブを原料として作られた「食品」です。
薬理作用が保証されているものではありません。
また、ハーブにアレルギー反応が出たり不快を感じられる場合には使用を中止して下さい。
販売価格は為替レートによって変動する場合があります。

Filed under: その他 — admin 11:35 AM

メディカルハーブの法令遵守

メディカルハーブは日本では通常、食品扱いですが、数百種類もあるメディカルハーブサプリメントの中には日本の厚生労働省の[食薬区分]において、《食品扱いとして日本で販売認可されているハーブ》と《医薬品扱いとして日本で一般流通販売認可されていないハーブ》とがあります。

当店で扱っているメディカルハーブサプリメントは、エクレクティック・インスティテュート・インコーポレーション が製造元のもので、且つ日本で販売が許可されているラインナップです。

このメディカルハーブサプリメントは、日本で唯一の正規販売代理店として北米エクレクティック社から認められている(有)ニードインターナショナルジャパンから、供給された良質のもので日本の法令で販売許可された、アメリカ・オレゴン州のオーガニック食品として安全に使用して頂けるメディカルハーブです。

国内で、食品扱いのハーブサプリメントとして許可されてないものでも、国外から個人輸入すれば簡単に手に入ってしまいますが、日本のComplianceに合っていないものもその中には混ざっています。
国内での正規代理店や販売店を通さずサプリメントを個人輸入する場合は、服用時に注意が必要です。自己責任の為、何かあっても責任の所在を他に求めらないからです。

また、個人輸入で購入したものは基本的に本人使用しかできないとされています。通信販売などで海外から個人輸入したサプリメントに関しては本人以外は使えない事になっています。

日本国内のコンプライアンス(法令遵守)に従い、安全なハーブサプリメントを使用するには、エクレクティック社正規輸入元から供給されたメディカルハーブ製品を直接販売店からカウンセリングを通して購入し、信頼できるアドバイザーからそのつどキメ細かなアドバイスを個別に受けるのがベストです。

メディカルハーブの使い方においては必ず使用者本人の現状と経過を詳しく販売者に相談した方が良いでしょう。

その時その時の、カウンセリングの重要性が問われる植物性サプリメントであり、人工的な加工物ではなく、自然界の環境がそのまま中身の品質に反映する天然製品がエクレクティック社のメディカルハーブサプリメントの特徴です。

純正エクレクティック社製メディカルハーブ製品の正規ラベルが変更され、現在次の通りです。

クランベリーレモンバーム
エクレクティック社製・メディカルハーブサプリメント(エクレクティック社が製造元の純正商品)購入に当たっては、エクレクティック社で保証する製品がベストです。

長年世界中のユーザーに指示されてきたエクレクティック社のメディカルハーブの威力が、期待できるからです。

エクレクティック社が全世界に向けて結果を出しているメディカルハーブの本当の力を感じて頂くためにも美容室TENGUでは、エクレクティック社製メディカルハーブ・正規サプリメントの日本で唯一の正規輸入元・ニードインターナショナルジャパン(有)様から直に卸して頂き、エクレクティック・インスティテュート・インコーポレーション → ニードインターナショナルジャパン → ハーブショップてんぐ(美容室てんぐ)と、最短でフレッシュハーブサプリメントの品質を損なうことなく安全重視でお客さまに御提供しています!

メディカルハーブサプリメント

※医科向け医薬品を処方されている方は、化学薬品とメディカルハーブを同時に自己判断で飲むことを避け、調剤薬局の薬剤師に御相談下さい。尚、適切なインフォメーションが得られない場合や御不明な点などが有りましたら、御購入時になんでも御相談下さい。

 

 

Filed under: その他 — admin 4:23 PM