自然薬の良さ

日本と西洋の国家予算の医療費負担が著しく差があり、日本が「異常に医療費の国家予算が多い」のをご存知のかたも多いと思います。

たとえば、フランスは医療費の国家予算は日本の約700分の1です。

日本の医療費の国家予算は42 兆円ですが、フランスは600 億円弱、私たち日本人は彼らより700 倍も国民が多く医療費負担をかけられているということになっています。

その違いは法律の違いにより、国の医療機関が自然薬を使っているか?いないか?にもよるのではないでしょうか?

日本の法律が変わらなければ現代西洋医学の医療機関は科学薬品を主体としたアロパシー療法でかなりのお金がかかります。

ヨーロッパでは医療機関が患者さんの選択肢として、自然薬も使えるので日本ほど医療費国家予算が膨らまず、しかもWHOも推奨するメディカルハーブを使った安全かつスピーディーな初期治療も当たり前のように国民に浸透しています。

メディカルハーブは伝承医学として古代から使用されており、最も多い臨床データを人類が持つナチュロパシー(自然療法)の天然自然薬です。

体を強くし自然治癒力の機能を活かし、本来、人間がもっている自己治癒力をサポートする自然薬は初期治療における自己管理に向いています。

神事や地鎮祭などで、海の幸山の幸をお供えしますが、当サロンでは縁あっていらっしゃった方々に、健康維持の為に、海の幸としては太古の栄養成分がたっぷり含まれた深海の水から抽出したフムスエキス(海洋性腐植土壌抽出エキス)を使い、山の幸としては良質な天然オーガニック・ハーブを使います。

地球の自然界の産物である、太古の海の栄養成分も、植物のポリフェノールも、地球の生命体である私たちにとっては、人体に親和性があり、合うのではないかと。

Filed under: 重要!オススメトピックス — admin 9:29 AM

美肌キープの為のハーブ

美肌のハーブ

美容のカウンセリングでもお肌の悩み相談に乗っています。お肌に良いメディカルハーブをお伝えします。

★先ずは、女性に人気No.1のハーブ、クランベリー(ツルコケモモ)

アメリカでは働く女性に一番支持されているクランベリー。人気の秘密の3大特徴は、

1.ドライアイなどの眼精疲労の軽減に役立つ

2.天然ビタミンCによる美白効果。ビタミンCの吸収を助ける活性酵素を含んでいる。

3.尿中のPHバランスに影響を与え、尿路感染症の原因であるバクテリアの繁殖を防ぐ。同時に膀胱内に被膜を作り、バクテリアの体内への侵入を防ぐ。要するに膀胱炎に力を発揮します。

ということで、ドライアイ・美白・膀胱炎に良いハーブです。

★カレンデュラ(キンセンカ)

アクネ菌によるニキビにはカレンデュラとエキナセアを併用すると良いです。お口の周りのニキビにも。胃潰瘍、口内炎などの消化器系の粘膜の不調にも良いメディカルハーブです。

★ブラックコッシュ(アメリカショウマ)

ホルモンバランスの乱れによるニキビに良く、更年期障害の緩和や改善にも使われます。有効成分のイソフラボンは女性ホルモンの一つであり、美のホルモンと呼ばれるエストロゲン(卵胞ホルモン)に似た作用をします。また、骨粗しょう症や、お肌のコラーゲンの増加に良いメディカルハーブです。

★ミルクシッスル(マリアアザミ)

ミルクシッスルエキストラは、シリマリンともいわれ、肝臓に良いので、肝機能の低下による目の周りにできるシミの肝斑というシミにも良いです。肝臓障害で検査を受ける時の血液検査でGOT・GPTの数値を正常にしていきます。

★ローズヒップ(ヨーロッパノイバラ)

バラの実です。毛穴を収縮させ目立たなくさせて肌のキメを細かくしてくれるメディカルハーブです。チンキ剤はドロっとしてますが、ビタミンC・ビタミンB2・ビタミンB1・ビタミンA・βカロチン・鉄・マンガン・リコピン・カルシウムなどが成分に含まれます。これも美肌のハーブとして人気です。

★ゴツコーラ(ツボクサ)

インドのアーユルヴェーダではブラーミと呼ばれます。コラーゲンの剛性を刺激し、皮膚の基本構造を形成するタンパク質であるコラーゲンを生成するのに役立つメディカルハーブです。また古代から、とても良い波動を持つ聖なるハーブとして伝説に残っています。

以上が代表的な美肌のメディカルハーブですので美肌の再生・美容の為に参考にして下さい。

ミルクシッスル

 

Filed under: 重要!オススメトピックス — admin 7:30 PM

ストレス・自律神経由来の症状をハーブでサポート

【ストレス・自律神経由来の症状の症状】

目・・・疲れ目、涙目、目の渇き

口・・・口の渇き、口中の痛み、味覚異常

筋肉・関節・・・肩こり、筋肉の痛み、関節の痛み

手足・・・しびれ、痛み、冷え

皮膚・・・多汗、汗が出ない、冷や汗、皮膚の乾燥、皮膚のかゆみ

泌尿器・・・頻尿、尿が出にくい、残尿感

頭・・・頭痛、頭が重い

耳・・・耳の閉塞感、耳なり

心臓 血管・・・動悸、胸部圧迫感、立ちくらみ、血圧変動

呼吸器・・・息苦しさ、酸欠感、息切れ

消化器・・・食堂のつかえ、異物感、吐き気、腹部膨張観、便秘、下痢

全身症状・・・倦怠感、疲れやすい、めまい、微熱、ふらふらする、ほてり、食欲不振、睡眠障害(不眠)、すぐに目が覚める(中途覚醒)、起きるのがつらい

精神症状・・・不安症、恐怖心に襲われる、イライラする、落ち込む、怒りっぽくなる、集中力が出ない、やる気が出ない、記憶力や注意力の低下

上記以外にも頭皮がかゆい、歯が浮くなど人によっては、様々な自覚症状があるようです。身体の調子が悪い時、その様々な症状を個別に治そうとするより、それがストレスや自律神経由来の場合、ハーブを、統合的な予防または緩和に使う方法があります。

ストレス・自律神経の為のハーブは

★シベリアンジンセン(抗ストレス・腎機能促進・滋養強壮)

★ロディオラロゼア(甲状腺機能障害の改善・抗ストレス・腎機能促進・滋養強壮)

★セントジョンズワート(自律神経の機能調整・内分泌障害の改善・自律神経由来の諸症状の全体的な改善))

これらは植物薬の常備薬としてもお勧めです。薬効はあっても食品なので安全ですが、セントジョンズワートは医科向け医薬品との併用ができない場合もあります。新薬をお使いの方は薬剤師に聞けば、処方されて飲んでいる医師から処方された化学薬品と併用して良いか悪いか解ります。

カウンセリングサロンてんぐ・ブログ → https://ameblo.jp/tengunisoudan/

メディカルハーブ

 

 

 

 

Filed under: その他 — admin 12:34 PM

体がダルい時にお勧めのハーブ

最近は暑くてジメッとして何をやっても疲れます。

身体がダルい時や、滋養強壮を求める時のお勧めハーブは、「エクレクティック社製ハーブサプリメント」の場合、シベリアンジンセン、セントジョンズワート、ゴツコーラ、ロディオラロゼア、クランベリーなどです。

フランスの「アクティバ」の方では、バイタリティー、スターターなどです。

風邪気味でダルい時は、エクレクティック社のハーブの場合は、エキナセア・ラリックス・エルダーフラワー・ジンジャーなどで、「アクティバ」の方はイミュニティー・シンバイオテック・スターターなどを早めに飲み、睡眠をしっかり取った方が良いですね。

「てんぐに相談!」の、スピリチュアルカウンセリングサロンてんぐのブログにもちょくちょくハーブに関する記事を載せてますので。また見てみて下さい。

「カウンセリングサロンてんぐ」のブログ → https://ameblo.jp/tengunisoudan/

メディカルハーブハーブ薬

Filed under: 重要!オススメトピックス — admin 8:29 PM

フィトセラピー

植物の持つ薬効や人体への親和性が今、注目されています。

植物療法学・薬草学としてのハーブ療法の歴史を記事に書いておきましたので、詳しくは「カウンセリングサロンてんぐ」のサイトのブログ

https://ameblo.jp/tengunisoudanをご覧ください。

メディカルハーブ

 

Filed under: 重要!オススメトピックス — admin 5:30 PM

花粉症対策のメディカルハーブ「ネトル」

ハーブショップてんぐ[メディカルハーブ.jp]から花粉症に良いハーブのお知らせ!

花粉症に使われるメディカルハーブのエクレクティック社製メディカルハーブサプリメント

「ネトル」90カプセルをお勧め!

花粉症対策に良い薬用ハーブで、ネトルの他には、エルダーフラワー・アイブライト・ホップ・セントジョンズワート・ラリックス・ロディオラロゼア等も有ります。

 

体質や現症状に個人差が有り、その他のお薬やサプリメントも飲んでいるかいないか?によって合うメディカルハーブが変わってきますので、お試しする時も必ず個人カウンセリングが必要です。

 

ネトル90カプセル

エクレクティック メディカルハーブサプリメント

Filed under: 重要!オススメトピックス — admin 10:11 AM

ハーブサプリメント「アクティバ」とは

ハーブショップてんぐ[メディカルハーブ.jp]から美容と健康の為に役立つ最新情報をお伝えします。

「ハーブショップてんぐ」イチオシの、最新バイオテクノロジーを活かした次世代ハーブサプリメント「アクティバ」の詳細を御紹介。

 

ラボラトワールアクティバ製品はフランスの企業、プロニュートリ社の製品です。

このプロニュートリ社は3つの細胞学研究所からなり、「オリゴ元素理論」を元に最新のバイオテクノロジーを駆使してアクティバシリーズを製造しています。

アクティバ製品のなかの“ヒューマンストラクチャーシリーズ”に応用された理論は、フランスを中心に2007年より医療従事者へ教育を開始されており、2012年より薬剤師など薬局関係者への教育も実施されています。

アクティバ製品の根本を成す「オリゴ元素理論」とは、自然界にある元素(物質を化学的に分けていって最後に得られる要素。ただ一種類の原子によって作られる物質。)によって細胞間情報がコントロールされている事を解明したものです。

 

ある種の配合比率によるバランスのとれた元素摂取により人体の細胞間情報の適切な自動コントロール機能を活性化し、ターゲットとなる疾病に対する自己治癒能力を自然に促す。…というのがアクティバ製品の目的です。

もっと簡単に言いますと微量のミネラルの組合せによって私達にもともと備わっている自然治癒力を刺激し、体調の不具合や疾病を治しやすくする製品です。

 

製品の多くにハーブが使用されていますが、ハーブに含有されるミネラル元素を利用する事を主たる目的としており、ハーブに固執するわけではないため、化学物質成分が含まれている製品もあります。

一般的なハーブサプリメントや栄養補助剤としてのミネラル剤とは、全く異なる観点から一部原料となるハーブをとらえているのが特徴です。

植物のもつ天然ポリフェノールの有効成分から得られるハーブの多様な適応性と比べ、アクティバ製品は最新のバイオテクノロジーを活かし、ミネラルバランスを計算して、ピンポイントで症状を改善に向かわせるサポートをします。

自然界の元素を人為的に有効にバランス配合したカプセル剤を使って。
プロニュートリ社の細胞学研究所のアクティバ製品の製造過程におけるテクノロジーは最先端で、有効成分の体内の放出プロセスの制御まで可能にし、ターゲットである人体の各器官の不具合症状に対して自己治癒能力を促す最適な細胞間情報コントロールが可能なように、活性成分の調整がされています。症状別に製品を選択でき、安全な食品として厚生労働省の認可も受けて輸入されているので安心してお使い頂けます。
理美容室てんぐの通販サイト「美容室てんぐショップ」の通販でも販売しています。→http://tengu-herb.shop-pro.jp/
※アクティバのメーカーであるLaboratoires Activa社は、1993年にDr.パトリック・ヴェレにより設立されたフランス細胞情報のエキスパート企業です。
ここで創られる製品は、オリゴ元素理論(ミネラルによる生体反応)に基づく細胞情報の制御によって不調な箇所を改善する力を引き出すサプリメントです。
※~Attention~
上記の Laboratoires activa 製品は、ハーブを原料として作られた「食品」です。
薬理作用が保証されているものではありません。
また、ハーブにアレルギー反応が出たり不快を感じられる場合には使用を中止して下さい。
販売価格は為替レートによって変動する場合があります。
上記の Laboratoires activa 製品は、ハーブを原料として作られた「食品」です。
薬理作用が保証されているものではありません。
また、ハーブにアレルギー反応が出たり不快を感じられる場合には使用を中止して下さい。
販売価格は為替レートによって変動する場合があります。
アクティバハーブサプリメント
ハーブショップてんぐ安眠ハーブ
Filed under: 重要!オススメトピックス — admin 4:37 PM

進化したハーブサプリメント“activa/アクティバ”販売

ハーブショップてんぐ[メディカルハーブ.jp]では、フランスから進化したハーブサプリメント“activa/アクティバ”を店頭販売&通信販売しています!

アクティバ正規販売店として稼働開始以来、好結果が出ているお客様が多数!

アクティバ(activa)は伝承医学で古くから使われてきた安全で人体のメンテナンスに役立つハーブと最先端の細胞学から導きだされた生命科学を融合し、最新のバイオテクノロジーを駆使して創り上げられたハーブサプリメント。

最新のバイオテクノロジー:オリゴ元素理論に基づき開発された不調な箇所を補うハーブサプリメントです。体調に合わせて製品をお選び下さい。

目的別に

●コレステロールの為に●循環器系の為に●解毒の為に●消化器系の為に●泌尿器系の為に●胃の為に●毛髪の為に●免疫の為に●関節の為に●喉と気道の為に●眠りの為に●スリムに向けて●天然のビタミンC●お肌の為に

●腸内環境の為に●滋養強壮に●脳機能と皮膚の老化予防の為に●脂肪と皮膚の代謝のサポートの為に

などそれぞれ種類が有ります。

製品ごとに原材料の持つポリフェノール、ハーブの含有元素、その他のミネラル素材が、身体本来の機能を目覚めさせます。

価格も約2~3千円代とリーズナブル!

天然の食品素材で体調管理をしたい方にはお勧めの逸品です!

アクティバのメーカーであるLaboratoires Activa社は、1993年にDr.パトリック・ヴェレにより設立されたフランス細胞情報のエキスパート企業です。
ここで創られる製品は、オリゴ元素理論(ミネラルによる生体反応)に基づく細胞情報の制御によって不調な箇所を改善する力を引き出すサプリメントです。

ハーブサプリメント

Attention
※上記の Laboratoires activa 製品は、ハーブを原料として作られた「食品」です。
薬理作用が保証されているものではありません。
また、ハーブにアレルギー反応が出たり不快を感じられる場合には使用を中止して下さい。
販売価格は為替レートによって変動する場合があります。

Filed under: その他 — admin 11:35 AM

日本融合医療研究会セミナー出席

東京で「いりたに内科クリニック」の院長先生をされている医師・入谷栄一先生が会長となっておられる、日本融合医療研究会の勉強会に出席しました。

今回は「伝統医療を中心としたガン・自閉症・膠原病などへの取り組み」がテーマで講師は東銀座タカハシクリニックの高橋博樹先生でした。

高橋先生の専門とする疾患領域は、慢性疾患の中医学・漢方医学的治療(自閉症、がん、神経変性疾患、膠原病・リウマチ、炎症性腸疾患など)で、故・谷美智士先生が院長を務められていたタニクリニックの副院長として勤務しておられましたが、谷先生が亡くなられた際、患者さん達の治療を引き継ぐべく東銀座タカハシクリニックを開院されました。

高橋博樹先生は、お人柄が非常に謙虚で誠実で正直、且つ優しい感じの方で、講義も大変興味深い内容でした。

治療茶のレシピや生薬の知識、日常生活で考慮すべき要因等も学べました。

治療結果の実際の臨床データもあり、現代の医療事情が統合医療的観点から、かなり進化を遂げていると感じました。

自然界の植物などを使った代替医療、生命体エネルギーとしての“気”の重要性、波動の存在も、疾病治癒に関しては西洋医学と共に決して切り離せない要因として重要視されるようになってきました。

勉強会に参加されていた各方面のドクター達、専門家の方達と懇親会でもいろいろな情報交換ができましたので非常に有意義な一日となりました。

健康維持に関する最新の知識が学べましたので、また御来店されたお客様に、なにかしらお役立てるかと思います。

またハーブティーに興味のある方には、日本融合医療研究会の会長であり、「いりたに内科クリニック」の院長でもいらっしゃる入谷栄一先生の著書「キレイをつくるハーブ習慣」もお勧めします。

※入谷栄一先生は、呼吸器専門医、アレルギー専門医、がん治療認定医、在宅医、ハーブ療法のスペシャリストですので当店主催の、お客様向けセミナーでも以前講師を務めて下さりました。

入谷栄一「キレイをつくるハーブ習慣」

Filed under: 重要!オススメトピックス — admin 2:07 PM

薬草学において重要な事

ハーブ薬(メディカルハーブ)の効能はどんな場合も同じでは有りません。

自然界の植物の薬効成分は、厳しい環境を生き抜く為、生まれ育ったその場所その場所に応じて自らの代謝物で薬効を作りだす自然界の産物。

ですから、環境の変化や状況に応じて同じ品種の植物でも含有される薬効成分の配合比率や量は様々で違いが生じ、人工的な新薬・合成医薬品のように安定してはいません。

自然界の産物は同じ品種でも薬効において均一かつ一律ではないということです。それに加えて製品の加工処理の仕方で品質にも差が出ます。

その一番大事な事を明記せず、人間のこの症状にはこれが効く、動物のこの病気にはこれが効く・・だの言いきるのは表現方法において偏った思い込みがユーザーに影響を与える危険があります。

伝承医学の文献からつなぎ合わせたような、インターネットの様々な宣伝的情報文で動物や人間の病気におけるこの症状にはこのハーブが効く・・と簡単に信じるのは要注意です。

使う側の個体差(身体的遺伝子情報の個人差)や今現在の体調や、そもそも種の違いや、環境適応能力による人種的な(動物なら品種的な)違いや、その薬草(メディカルハーブ)がたとえ同じ種類でも育った場所の自然環境によって持っている(自己生成された)薬効の含有量や成分比率の違いにより、効くこともあれば効かない事も有ります。

たとえ適応症状に合うメディカルハーブの選択が初めのうちは外れても、安全性が高いので、むしろ試しながら自己に合った薬用ハーブを見つけてゆく事が出来るのが日本で販売認可されているメディカルハーブの良さです。

上手な試し方は購入時に顔と顔を合わせて信頼できるアドバイザーに要相談!

インターネットの薬効情報だけをすぐにそのまま盲信し、「じゃ、これがこれに効くんだ!」と鵜呑みにしない方が良いでしょう。

ハーバリスム(薬草学)・ホメオパシー(同種療法)・アロマテラピー(芳香療法)・フラワーエッセンス(植物のエネルギー波動療法)など植物のもつ「癒しの力」で回復改善だけでなく治療を促すのに役立てることが近年再注目されています。

身体的効用から情緒面の安定まで植物はそれぞれ強力な“自然治癒力を促す力”を持っています。

歴史的に伝統ある薬草学を重んじるならば、決して人工的化学薬品と同じ使い方・受け取り方と考えない方が良いです。

ハーブ薬品を購入したい方は、【自然生成物の薬効は均一でないことを説明し】、【その作用の仕方や植物薬のなんたるか?を知っており】、【特定の疾患に適した薬草を試す為の選び方をバランスよくアナウンスできる】メディカルハーブ販売店で直に手にして下さい。
「ハーブショップてんぐ」では、ユーザーの方々に解りやすく説明できるよう、カウンセリングを重視しています。

エクレクティック 薬用ハーブ

Filed under: 重要!オススメトピックス — admin 5:32 PM