自律神経系のメンテナンスに使えるハーブ

~自律神経について~

病気でもないのに普段より体がだるくて仕方ないとか、風邪や偏頭痛もちでもないのに頭痛がするとか、更年期でもないのにめまいや立ちくらみがする時などは自律神経系のケアが必要かもしれません。

気温の変化に体が追いつかなかったり、外気と室内の温度差が大きくても身体はダルくなります。

自律神経系は生体を維持する為に重要な、循環、呼吸、消化、代謝分泌、体温調節、排泄等の機能を常時自動調節し、環境の変化に対して恒常性(ホメオスターシス)の維持を行う神経です。

私は健康管理の為に使われるハーブの専門家なので、言えますがハーブの中には人体の自律神経のケアに使えるものがあります。

日本に輸入許可されているハーブサプリメントの中でも特にセントジョンズワートは化学薬品の副作用を気にされる方々にとっては安全に自律神経系のケアができますので大人から子供まで使える自然界のアイテムとして重宝されています。

私も常に自律神経のケアの為にセントジョンズワートのサプリメントは飲んでいます。

その他、精神的な健康管理に使えるハーブサプリメントの中には睡眠障害の改善に使われる安全なハーブもあります。

自律神経が健全だと常にニュートラルな一定の心のテンションを保てます。

自然界のアイテムを使って健康管理をする専門家として皆様にお伝えしてきていますのは、

「もともと人間が持ち合わせている自然治癒力をもっと使うにはどうしたらよいか?そして、その恒常性機能を損なわないように刺激し、上手く自己調整機能を活躍させる為に自然界の生薬の一つであるハーブサプリメントを初期治療にどう使うか?」という事です。

初期治療にメディカルハーブを使う選択肢はWHOも推奨しています。

自然界の生き物は自然界の物でしかしっかり治らない時も有るんですよね。

Filed under: 重要!オススメトピックス — admin 10:32 AM