「汝、自らを癒せ」・・・バッチ・フラワーエッセンス

ヒーリングハーブ社の代表:ジュリアン・バーナードが作った“バッチエッセンスの作り方”のDVDが届きました。

ヒーリングハーブ社のバッチフラワーエッセンス(フラワーレメディー)は、世界的に有名な自然療法の一つであるフラワーレメディーの開発者・エドワード・バッチ博士(1886~1936)が指示した通りの伝統的製法を完全に守って造られています。

エドワード・バッチ博士が最初にフラワーレメディーを発見した場所である、ウェールズと国境を接する英国西部のヘレフォード州の長閑な田園地域にヒーリングハーブ社の本社はあります。

ヒーリングハーブ社のフラワーエッセンスは、バッチ博士の38種のバッチフラワーレメディーの“オリジナル製法”を忠実に守っています。

本来のバッチレメディの上質さを現代まで守り通す為、エッセンスに使用する植物の自生しているその場所にヒーリングハーブ社の本社と製造工場を置き、太陽光の下、クリスタルボールに天然の湧水を満たし、花が最もエネルギーを発揮する早朝に採取した花をそのクリスタルボールに浮かべ、さえぎる物のない太陽のエネルギーのもと、花の持つ情報を写し取りマザーエッセンス(母液)がつくられます。

マザーエッセンスの保存方法は、バッチ博士の指示を一切違えることなく、マザーエッセンスと同量のブランデー(フランス産アルコール濃度40%)が加えられ、その後オークの樽で保存します。

「美容室てんぐ」では、真の美容は自然美と考え、まず心身を自然のリズムに合わせていくことが不可欠と考えます。

自然界のリズムからかけ離れてゆくと、自律神経、内分泌系ホルモンのバランスも崩れ、自然治癒力も細胞再生能力も弱まり、美容にはマイナス要因になるからです。

ストレスにさらされる現代人にとって、心身のバランスを保ち健やかな生活を過ごすために使われるフラワーレメディーは‘自然界の波長に合わせる’事において美容室TENGUにも必要アイテムとして取り入れています。

75年前バッチ博士が他界したのち、数々のフラワーレメディーが世に出てきましたが「美容室てんぐ」が、ヒーリングハーブ社のフラワーエッセンスを選んだ理由は、ヒーリングハーブ社のフラワーレメディーは、バッチ博士の開発した伝統的手法と教えを忠実に守っており、尚且つ、バッチ博士のメッセージである「汝自身を解放せよ」「汝自身を癒せ」という真理を深く理解したフラワーレメディー研究家であるジュリアン・バーナード氏が管理し、真心をこめて造られているからです。

最後に当店のお客様に合言葉を伝えます。

Use your Natural Healing Abilities! (自然治癒力を引き出し使いましょう!)

ヒーリングハーブ社

Filed under: ヒーリング・リラグゼーション — admin 10:34 PM