「汝、自らを癒せ」・・・バッチ・フラワーエッセンス

ヒーリングハーブ社の代表:ジュリアン・バーナードが作った“バッチエッセンスの作り方”のDVDが届きました。

ヒーリングハーブ社のバッチフラワーエッセンス(フラワーレメディー)は、世界的に有名な自然療法の一つであるフラワーレメディーの開発者・エドワード・バッチ博士(1886~1936)が指示した通りの伝統的製法を完全に守って造られています。

エドワード・バッチ博士が最初にフラワーレメディーを発見した場所である、ウェールズと国境を接する英国西部のヘレフォード州の長閑な田園地域にヒーリングハーブ社の本社はあります。

ヒーリングハーブ社のフラワーエッセンスは、バッチ博士の38種のバッチフラワーレメディーの“オリジナル製法”を忠実に守っています。

本来のバッチレメディの上質さを現代まで守り通す為、エッセンスに使用する植物の自生しているその場所にヒーリングハーブ社の本社と製造工場を置き、太陽光の下、クリスタルボールに天然の湧水を満たし、花が最もエネルギーを発揮する早朝に採取した花をそのクリスタルボールに浮かべ、さえぎる物のない太陽のエネルギーのもと、花の持つ情報を写し取りマザーエッセンス(母液)がつくられます。

マザーエッセンスの保存方法は、バッチ博士の指示を一切違えることなく、マザーエッセンスと同量のブランデー(フランス産アルコール濃度40%)が加えられ、その後オークの樽で保存します。

「美容室てんぐ」では、真の美容は自然美と考え、まず心身を自然のリズムに合わせていくことが不可欠と考えます。

自然界のリズムからかけ離れてゆくと、自律神経、内分泌系ホルモンのバランスも崩れ、自然治癒力も細胞再生能力も弱まり、美容にはマイナス要因になるからです。

ストレスにさらされる現代人にとって、心身のバランスを保ち健やかな生活を過ごすために使われるフラワーレメディーは‘自然界の波長に合わせる’事において美容室TENGUにも必要アイテムとして取り入れています。

75年前バッチ博士が他界したのち、数々のフラワーレメディーが世に出てきましたが「美容室てんぐ」が、ヒーリングハーブ社のフラワーエッセンスを選んだ理由は、ヒーリングハーブ社のフラワーレメディーは、バッチ博士の開発した伝統的手法と教えを忠実に守っており、尚且つ、バッチ博士のメッセージである「汝自身を解放せよ」「汝自身を癒せ」という真理を深く理解したフラワーレメディー研究家であるジュリアン・バーナード氏が管理し、真心をこめて造られているからです。

最後に当店のお客様に合言葉を伝えます。

Use your Natural Healing Abilities! (自然治癒力を引き出し使いましょう!)

ヒーリングハーブ社

Filed under: ヒーリング・リラグゼーション — admin 10:34 PM

100%天然成分アロマオイル&マッサージオイルでリラックス!

当店オススメのエッセンシャルオイルは、全製品100%純粋な天然成分・ACO認定オーガニック・成分分析証明書付の安全かつ上質なアロマオイルです。
輸入元のご配慮で、お値段もクオリティーの高さに比べ非常にお手ごろ価格で、一般流通ものの合成オイルまたはオーガニックでないアロマオイルとは一線を隔し、一度使ったらその違いは歴然で、熱烈なファンも多いです。
アロマオイルでも、合成物と天然100%ものがあり、天然100%の中にも、オーガニックとオーガニックでないものが有ります。
オーガニックと無農薬は違います。無農薬とあっても化学肥料や除草剤が使われているものがあります。
単に無農薬とあるだけのアロマオイルは植物が完璧に自然有機栽培というわけではありません。厳しい海外のオーガニック基準をパスして見事認定を受けた良質な土壌の有機栽培の天然アロマオイル(エッセンシャルオイル)は、たいへん珍しく、貴重なオーガニックエッセンシャルオイルという事になるわけです。
市販で流通しているアロマオイルはそのへんがごちゃごちゃになっており、そのお値段にしては果たして相当かどうか?一般消費者にとっては見分けが難しいと思います。
オーガニック認定基準は、海外のほうが日本より数倍厳しく、その判定基準をパスしたものは、そうでないものに比べ香りの広がり方、持続性、安全性において中身が全然違います。
はじめてお使いになる方、どんな使い方をすれば良いか?いろんな情報の中、知識がやや曖昧な方にも、ご購入の際、簡単に解りやすくアドバイスします。
心身のリラクゼーションにかかせない素敵なアイテムとして日常生活にさりげなく取り入れてみて下さい。
上質な自然の香りは、脳に神経鎮静効果やリラックス効果をもたらし、さまざまな点で有益性が認められています。
少しずつ集めて自分なりに工夫して使って頂ければ、ストレスを和らげ、かなり楽しい毎日になりますよ。

また、その他のマッサージオイルとして、北米エクレクティック社の天然インヒューズドオイルがあります。
アルニカオイルセントジョンズワートオイルカレンデュラオイルティーツリーオイルなどです。それぞれどのような時に使えるかについての詳細は店頭でご確認下さい。
インヒューズドオイルとエッセンシャルオイルの違いについてですが、エッセンシャルオイルは蒸留法によって抽出されますが、インヒューズドオイルはオリーブオイルにハーブを浸出させたものです。
これらのインヒューズドオイルは、外用として使用する場合には、エッセンシャルオイルのようにキャリアオイルを必ずしも必要とせず、直接使用する事ができます。
エッセンシャルオイルはキャリアオイルで希釈してマッサージオイルなどに使ってください。濃縮オイルのエッセンシャルオイルにおいては、ダイレクトに直接肌に使うと皮膚にトラブルを起こし安いのでお気をつけ下さい。
(エクレクティック社のティーツリーオイルはエッセンシャルオイルと同様で、オリーブオイルを含有していません。)

 

Filed under: ヒーリング・リラグゼーション — admin 3:58 PM