花療法で自己治癒力を高める

<花療法で自己治癒力を高める>

これまで当サロンでは度々エドワード・バッチ博士の花療法(バッチ・フラワー・セラピー)について、より深く知りたいと思っている方々に講習会を開いてきました。

年末12/27(金)18:30~20:00も開催いたします。

野生の花を用いたこの花療法を発見したエドワード・バッチ博士は、イギリスのハーレイ・ストリートで医師として活躍していましたが、バッチ博士の願いは、多額の費用を必要とする医学校で教育を受けられない一般の人でも、自然界の花のエネルギーを用いた癒し方を実践できるようにしたいという事でした。

38種類の花のレメディー(治療薬)は、
人間のスピリット(霊的な側面)やメンタル(心理面)に働きかけ、
精神や身体の疾患を予防したりすることが今や世界中で知られています。

かといって、かかってしまった疾病・疾患、重度の病に関しては専門医の治療が要らないわけではありません。
専門医の医学も必要です。

「化学的・物理的な治療(アロパシー)」を重視する現代西洋医学と、

目には見えないけれど、肉体や精神に影響を及ぼす自然界の“エネルギー療法”や、野生の植物(オーガニック&ワイルドクラフト育ち)の薬効(フィトケミカル)そのものを活かしたメディカル・ハーブ療法などの「自然療法(ナチュロパシー)」の両方を、状況に応じて使い分ければいいと思います。

ヨーロッパの医療先進国では、現代医学も伝承医学も同じ医学とみなされ、初期治療に適した自然療法を、自己治癒や治療に役立たせる為、予防医学として取り入れることがごく当たり前です。

いろいろある治療法の中から、初期治療の方法を患者自身が選択することが通常です。

花療法は精神的な癒しも伴えて、疾病の予防に役に立つセラピーです。

また、メディカルハーブ療法は化学薬品の副作用から身体を守り、自己治癒力を弱めず逆に活性化して初期治療に役立たせるものとしてWHOも推奨しています。

国家予算の中から医療費負担額がケタ違いに異常に多すぎるのが日本の特徴です。

ヨーロッパでは、初期治療が必要とされる時に自然療法で自分で治す人が多いので、医療費負担が日本と比べて非常に少ないです。

保険制度も全然違います。

野生の花のエッセンスのエネルギーを取り入れた花療法であるバッチ・フラワー・レメディーと、同じく野生の薬草が自ら作り出す植物性ポリフェノールという薬効(フィトケミカル)をダイレクトに取り入れるメディカル・ハーブの使い方を自分で知っておくと便利です。

講習会で勉強したら、日常生活の健康管理に役立たせて下さい。

お医者さんにかかる前に、自分や家族の健康を普段からある程度、“自己管理”できます。

 

Filed under: ハーブ — admin 8:01 PM

フラワーレメディーとメディカルハーブ講習会開催

ハーブセミナー開催のお知らせです。

気持ちのエネルギーを整えるフラワーエッセンスと、

肉体の健康を保つメディカルハーブサプリメント(ハーブ食品)

を併用して相乗効果を出す健康管理の仕方をお伝えします。

天然の植物療法として、安全に且つ簡単に氣と身体の調子を同時に整えるセルフケア方法を勉強して頂くハーブセミナーです。

セミナータイトル: 「フラワーエッセンスとメディカルハーブを併用したセルフケア」

日 時 : 令和元年12月27日(金) 18:30~20:00

会 場 : 理・美容室てんぐ 2階セミナールーム

受講費 : ¥3,000

定 員 : 7名(定員になり次第、締め切らせて頂きます)

講 師 : 松永典子

申込方法: ご本人様より直接お電話にて申込の上、開催日前日までに店頭にて事前に受講費をお支払い下さい。

申込先TEL→054-641-2210

備 考:ハーブを使った数千年の歴史がある伝承医学の臨床事例を元に、日常、自分でできる健康管理のセルフケアに役立つ基礎知識と、植物の持つ天然の薬効であるフィトケミカルの特徴について学べます。

ハーブ療法

 

 

Filed under: ハーブ — admin 8:55 AM

バッチ・フラワーレメディー講習会開催

<フラワーレメディー講習会開催>

「ハーブショップてんぐ」としまして今月のイベントは、

1930年代のイギリスの著名な細菌学者でもあり、ホメオパシーの医師でもあった、

エドワード・バッチ博士がつくった、フラワーレメディーの講習会(勉強会)を開催いたします。

バッチ博士は、肉体だけでなく心のお医者様でもありました。

お花のエネルギーを転写した波動水による自然界のレメディー(処方箋)を使って。

フラワーレメディーに使われるフラワーエッセンスの使い方を学ぶ事は、花のエネルギーで癒される、宇宙と大地による究極のヒーリングを学ぶことでもあります。

人の心に驚くほどの癒しの力をもたらす花療法として、バッチ・フラワーレメディーを使ったセルフケアを学びましょう!

日時: 令和元年 9月 27日(金) 18:30~20:00

場所: 理・美容室てんぐ2階セミナールーム

受講費: ¥2,000ー

申込方法: 参加希望ご本人様から直接電話にてお申し込みください。(定員になり次第、締め切らせて頂きます。)

受講費は開催前までに店頭にてお支払いください。

申込先→  TEL 054-641-2210 (11:00~19:00)

定員: 6名

講師: 松永典子

※ 花療法としてのフラワーエッセンスのなんたるか?を全く知らない方も、フラワーレメディーを少し知っている方も、興味がある方であれば楽しく学べるので事前の知識の有無は問いません。お花の持つ癒しの力を学びたい方であれば、大丈夫です。

Filed under: ハーブ — admin 8:38 AM

フラワーレメディー講習会(勉強会)開催

バッチフラワーレメディーの講習会(勉強会)を「ハーブショップてんぐ」で開催します。

日程その他詳細については、お電話にてお問い合わせください。→TEL:054-641-2210

1930年代にイギリスの医師、エドワード・バッチ博士によって確立されたフラワーレメディーの使い方を学べます。

バッチフラワーレメディーに使われるフラワーエッセンスは、英国の丘や低湿地帯に自生する野生植物の花のエネルギー(波動・氣)を自然の湧水に転写し、オークの樽にその母液を寝かせ作られます。

花のエネルギーの波動を転写した母液を作る時、使用される植物は、動物や人・環境などに汚染されていない力強い大地に自生する野生の植物です。

その際、作り手は「心身共にバランスがとれ、自我が入り込まない状態で行うこと!」とされています。

満開時の花を湧水を入れたボウルに入れ、雲一つない太陽のもとに置かれます。

バッチ博士は医師でしたが、ある日天啓を受け、38種類の植物をフラワーレメディーとして選びました。

医者として実績もあったエドワード・バッチ博士は、病気の原因となる精神状態や心を根本から癒し、治す為に、本当の治療に必要なレメディーとしてフラワーエッセンスをつくりました。

この機会にフラワーレメディーを学んでみたい方は、今回開催する講習会についてお問合わせください。

Filed under: ハーブ — admin 7:04 AM

ラリックス(西洋カラマツ粉・薬用ハーブ)再入荷

西洋カラマツ

一時、日本に入荷切れしていたメディカルハーブラリックス(西洋カラマツ)」がやっと入荷しました!

腸内環境のケアに欠かせないユーザー必須メディカルハーブ。

貴重な松の天然薬。

安全性が認められ日本に輸入が許可されている、これらの薬用ハーブは日本ではオーガニック食品扱いです。

Filed under: ハーブ — admin 6:26 PM

ハーブクリーム[CCCクリーム]再入荷!

赤ちゃんの皮膚にもアトピー皮膚にも、使えるハーブクリーム「CCCクリーム」再入荷!
要冷蔵なので御自宅では冷蔵庫に保管して下さい。

ハーブクリーム

エクレクティック社製 CCCクリーム 2,000円(税別)

Filed under: ハーブ — admin 1:19 PM

美容室てんぐ・ハーブセミナー報告

メディカルハーブ勉強会

ニードインターナショナル・ジャパン代表の杉山晴彦氏を講師にお招きしたハーブセミナーが先日6/25美容室てんぐで開催されました。

WHOのガイドラインにのっとったセルフメディケーションの内容、先進国の医療制度、メディカルハーブの特徴、世界的に常備薬として使われているハーブ、薬とハーブの上手な使い方などを含め「上手な医療機関との付き合い方」を学びました。

最後の個別ハーブ実践編のご指導も、出席者の皆さんには大変喜ばれておりました。

「かなりためになった!」「知れて良かった」「もっと前から知っていたかった!」「具体的な内容の質疑応答形式のハーブセミナーをまたやってほしい!」と参加者の方々にも好評で、もっともっと具体的な話を聞いてみたいとの声が圧倒的でした。

他ではなかなか聞けない専門的な世界的メディカルハーブの実践的知識が勉強ができてとても有益な勉強会でした。

次回のアナウンスをお楽しみに!

Filed under: ハーブ — admin 10:27 PM

安藤商店(テンドルマン)さんのオーガニックハーブティー販売

美容室てんぐでは、良質のハーブティーを取りそろえて販売しておりますが、先日、ハーブ専門外来医の入谷栄一先生の講演会で先生がお勧めされていたオーガニックハーブティー(by:安藤商店=テンドルマン)も各種入荷しております。

多種ありますので、安藤商店(テンドルマン)さんのオーガニックハーブティーをお探しの方は、お電話でお問い合わせの上、御来店ください。

購入の際の個人カウンセリング&御相談は電話予約の上、お受けしております。

 

Filed under: ハーブ — admin 1:21 PM

エクレクティック社のエキナセアの上手な使い方

エキナセアは風邪やインフルエンザに完全になってしまう前の初期症状に使うのが基本です。

病状がはっきり発症してしまい一昼夜たってしまったら病院に行きましょう。

エキナセアには、いろいろな品種があり、使用部分などもそれぞれあり、成分の違いがあります。

一口でエキナセアといっても、どの種類のどの部位のエキナセアを飲んだか?によって、その方の初期症状が緩和できるかどうかが全く違ってきます。

その時点での、その方の体力(抵抗力)や疲労度、あるいは他の薬を飲んでいるかいないかによって結果に個人差が当然でてきます。

大事なことは、ウィルスがすっかり増殖してしまって自分の免疫細胞の守りよりウィルスが優勢になってしまってから飲んでも遅いと言えます!

 

ハーブは自己免疫機能を活性化させる手助けをするものです。

ウィルスの増殖を、早い段階で、ハーブにサポートされた自己免疫システムによって抑えるために初期治療につかうものです。

北米、エクレクティック・インスティテュート社で製造されたメディカルハーブのエキナセアの場合ですが、いつもと違う違和感を感じ始めた初期段階(くしゃみ・咳・頭痛・悪寒など)で、すぐにエキナセアを一日最低3~5回、熱が出たら二時間おきに多めに摂る事がコツです。

たとえばカプセルの場合、一日およそ8g=8000mgは最低飲んだほうが良く、少な過ぎたらダメです。

 

エキナセアは安全性が高く、本来一度に飲む量に摂取制限はありません。

少なすぎても効きませんが、あまり一回の量を過剰に摂りすぎても意味がないだけです。

また、エキナセアは二カ月以上連続摂取すると薬効が耐性(*)を持ってしまい効果がなくなってくることが、ドイツのコミッションE(ドイツ厚生省)から報告されています。

(*耐性とは一定の薬物などを長期に使用し続けた場合起こる、ごく自然な生体反応です。)

①薬効のある品種のエキナセアの、②自分の体質にあったエキナセアの使用部分を、③少なすぎずちゃんとした適量を、④初期段階で、⑤最低でも一日3~5回、熱が出始めたら二時間おきに、飲む!

という、エキナセアの上手な飲み方のコツがある事を知っておくと便利です。

 

感染=発症ではありません。感染→自己免疫システムとウィルスの戦い→発症する人としない人、という具合に分かれます。

風邪かな?・・・と思ったらすぐエキナセアを使うのはよい事です。

タイミングを逃してしまい、どうも自己免疫細胞の働きっぷりよりウィルスの増殖スピードの方が勝ってしまったようだ!症状が強くなってきたな!と思ったら我慢せずお医者さんへ直行しましょう。

Filed under: ハーブ — admin 7:22 PM

メディカルハーブの世界にようこそ!

美容室てんぐは、香草・ハーブなどを安全なヘアカラーに使います。

フェイシャルエステアロマテラピー・ヘッドスパなどでもオーガニックハーブのエッセンシャルオイル天然マッサージオイルを使っています。

また、北米エクレクティック社メディカルハーブサプリメントの正規販売店です。

その他、フラワーレメディーとして世界的に有名な正統派バッチフラワーエッセンスや海外の厳しい有機の基準をパスしたオーガニックハーブティーなども心身の美容に役立つアイテムとしてお客様に御提供している美容室てんぐは、ハーブショップとしても人気です。

伝えたい内容が多岐に渡る為、このたび静岡県藤枝市の「美容室てんぐ」が皆様のご要望にお応えしてメディカルハーブ.jpという新ドメインで美容室TENGUのメディカルハーブ専門サイトをつくりました。
美容室てんぐのハーブ専門サイトである[ハーブショップてんぐ/メディカルハーブ.jp]は日常の美容と健康のセルフメディケーションに役立ちます。美容室TENGUは「古代の叡智に触れる」「ホメオスタシス(恒常性)」がテーマのビューティーサロンです。


大自然の力にはかないません。
「自然界に敬意の念をもち大自然の産物と波長を合わせ、共存するリズムを意識したとき、人はグレートネイチャーに救われる」

ただ知識を学ぶのではなく、御自身で活用して心身の健康生活に役立ててください!

Filed under: ハーブ,重要!オススメトピックス — admin 4:09 PM